物忘れは栄養不足のせい|ホルモンバランスを整えて脳を活性化

笑顔の男性

記憶力を維持するために

シニア

物忘れは短期記憶の力が衰えていくことを指しますが、脳の記憶スペースを空けるための基本的な機能でもあります。物忘れの改善として、日常生活での漢字学習やメモを取る作業などで脳に刺激を与えること、魚を中心にバランスの良い食事を取ることが大切です。

View Detail

女性に多い記憶力の低下

男の人

年をとることで記憶力の低下は少なからずあるものの、エストロゲンの減少による脳細胞の低下は女性特有のものであり、物忘れも代表的な症状の1つです。更年期以降の対策ではなく、若い時からエストロゲンの分泌を促進させる栄養素をしっかり補うことは大切です。

View Detail

生理によってあらわる症状

夫婦

それは生理によるもの

物忘れは生理になったときでも起こりやすくなります。それは女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことから起きてしまう症状なのです。物忘れが多くなってしまったことから、もしかして認知症予備軍となってしまってきているのではと不安に感じる人もいたりしますが、生理によってエストロゲンが減少し脳の働きを低下させてしまっていることが原因なので認知症とはまた違ってくるものです。生理だけでなく更年期障害になったときでも物忘れをしてしまう症状があらわれてくることがありますが、それも女性ホルモンが大きくかかわるものなのです。つまり女性ホルモンのバランスによって物忘れが起こるというわけで、普段から女性ホルモンのバランスを整えられるような方法を行なっていくことで物忘れを予防させることができます。

女性ホルモンの大切さ

女性ホルモンは美のホルモンとよばれていますが、実は脳にも十分かかわってくるものなのです。女性ホルモンのバランスが乱れることで脳にかかわる精神的な不安定さが現れてくるため、生理前になりますとイライラしたり不安を感じたりするなどのような情緒不安定な症状が出てくるのです。そのため女性は生理前又は生理になることで物忘れに限らず、集中力が欠けてしまったり記憶力が低下してしまったりぢわすれをしてしまう回数が増えてしまったりするなど、ぼけてしまう現象があらわれてくるようになるといわれているのです。最近では女性ホルモンについての解明が進んでくるようになり、生理による症状に対して効果の出てくる方法や栄養素、そのほか治療法なども徐々にわかってくるようになってきています。

脳機能を高めて回復

微笑む女性

物忘れには抗っていくことが可能であり、DHAの摂取は効果が期待できる方法です。神経細胞から神経細胞への情報伝達の刺激を増強することで脳機能を高められるからですが、ストレスによる脳機能の低下を防止していくことも同様に大切です。

View Detail