介護士の正社員になるための条件は働きながらクリアできる!

様々な条件のクリアが介護士の正社員には必須!

介護士の正社員になるための条件は働きながらクリアできる!

ハンド

無資格はだめ?正社員になるための条件とは

介護士の正社員になる為には資格が必要なのでしょうか?実は介護職に就く場合、無資格でも就業する事は可能です。介護業界にとっての正社員か派遣かは雇用形態の違いだけで、資格がないから正社員になれないというわけではありません。ただ、就業したら最低でも介護福祉士の資格を取得しないと、利用者の手助けをするにも「有資格できること」「無資格でできないこと」の差が出てきてしまいますので、なるべく取得するようにして下さい。

介護士に求められるスキルの内容

介護士の正社員はさまざまなスキルが要求されます。明るく前むきに人とコミュニケーションが取れるスキルですが、細かい配慮ができ、どんな変化もめざとく見つけるスキル、迅速にかつ適切に処理できる能力などです。他にも介護に役立つスキルでレクリエーションインストラクター、福祉レクワーカーなどの資格を取得するのもおすすめです。レクリエーションのバリエーションを増やして利用者を喜ばせましょう。介護士同志の意識を高めるためにも、勉強会などを開くこともスキルアップに役立ちます。

働きながら資格を取得する簡単な方法

介護士の正社員は無資格でも正社員として雇用してもらえます。専門学校で知識を得ていなくても、働きながら介護福祉士の資格を取得する事が可能なのです。介護福祉士の受験資格は実務経験3年です。ケアマネージャーは福祉保健医療に関する専門職に従事し、5年以上の実務経験をつめば受験できます。このように実務の現場で利用者さんと触れ合い、教科書どおりでない経験を積んでから資格を取得する人も多く存在します。働くことが実績につながる介護の現場ならではですね。

ケアマネジャーと介護福祉士の仕事内容を比較!

ケアマネジャーの仕事とは?

ケアマネージャーの仕事は、介護利用者のケアプランの作成や、介護保険施設や介護サービス事業者との調整役を買って出たりなど、利用者と施設側双方の窓口的役割となる立場の人です。介護士の上級スキルとなり受講資格には実務経験5年以上が必要です。

介護福祉士とケアマネージャーの仕事の違いとは

介護士の正社員(介護福祉士)とケアマネージャとの違いは責任者かそうでないかのです。ケアマネージャーは介護福祉士を取りまとめるリーダー的役割もあります。