働きやすさ抜群!優良な職場の特徴を押さえて介護士の正社員へ!

面接での対応は大切!介護士で正社員を目指すには

働きやすさ抜群!優良な職場の特徴を押さえて介護士の正社員へ!

面接

失敗しないためにも知りたい面接での心得

介護士の正社員の面接を受ける場合はできるだけ好印象を与えたいものです。まずは身だしなみをチェックしましょう。そんなに気負う事なく、清涼感と清潔感のあるイメージの服装であれば問題ありません。面接の内容も大切ですが、まずは「遅刻しないこと」そして「忘れ物をしないこと」です。仕事をする上でも重要なポイントであり、面接を受ける人の心構えで初歩中の初歩なので肝に銘じておきましょう。

面接の時によく聞かれることをメモしよう

介護士の正社員の面接をする際はある程度の質問事項が想定されます。一番多いのが「志望動機」転職の場合は「前職をやめた理由」「簡単な自己アピール」などです。回答例が求人サイトなどにも掲載されていますので参考にしてメモなどにとっておきましょう。ただしあくまでも自分の言葉で考えるようすることがポイントです。もちろんウソの回答はもってのほかですので注意しましょう。

働きやすい介護施設の特徴ランキング

no.1

新人の教育や内部研修が充実している

介護士の正社員の働きやすさは新人教育がきちんと実施されているかがポイントです。入社したての新人にきちんとした教育や指導を行わなければ成長は見込めず、施設の介護の質もよくなりません。それと同時に内部の研修が充実していることもチェックポイントです。自分のスキルアップは利用者のため、しいては施設のためにもなります。社員教育がきちんとしている施設を見極めてください。

no.2

休日出勤やサービス残業が常態化していない

介護士の正社員と聞くと、休日出勤やサービス残業が横行しているような、そんなブラックなイメージはないとは言えません。そのような施設に出会わないためには、自分で求人サイトなどを見て比較し、口コミをチェックするなど情報収集が必要です。もちろん残業手当もついて休日出勤の際は代休が用意されている施設もあります。

no.3

人間関係が良好な施設である

介護士の正社員で働くには何よりも職場の人間関係は重要です。こればかりは求人サイトや口コミだけではなんとも判断できないので、面接前に一度見学に行ってみると雰囲気をつかめますのでおすすめです。仲のいい職場は雰囲気だけで判断できるくらい良いムードです。