物忘れは栄養不足のせい|ホルモンバランスを整えて脳を活性化

夫婦

女性に多い記憶力の低下

男の人

女性らしさも維持

物忘れを予防する目的も兼ねて、女性ホルモンの分泌を促したり、補う栄養素や健康食品が女性から人気を呼んでいます。人の名前が出てこない・何をやろうとしていたか忘れるなど、記憶力の低下は年を重ねることにより、より一層、感じやすくなり、物忘れの対策として女性ホルモンのエストロゲンの活躍が期待されています。肝臓や脳の働きにも関与しているのがエストロゲンで、分泌量が減少することにより、脳の働きも低下しやすくなります。特に、更年期に突入する年代の女性の場合、記憶力が低下する内容にはエストロゲンの分泌が減少することが報告されています。エストロゲンの分泌や減少した分を補うためにも、納豆や豆腐などの女性ホルモンと似た働きかけを行う大豆イソフラボンを摂取することが話題となり、美容と健康の両方にアプローチできる栄養素としても人気を集めています。

脳機能とエストロゲン

更年期に突入する年代から増え出すのが物忘れで、更年期と女性ホルモンの関係が記憶力の向上や低下に大きく関わっているのも特徴の1つです。女性らしさを保つ活躍を担うのがエストロゲンで、脳機能に関与する神経細胞と伝達物質に良い影響を与えるデータが報告されています。神経伝達物質を刺激することによって、記憶を司る海馬のみならず、脳の働き自体を活性化させられる内容です。更年期においては、物忘れを防ぐためのエストロゲンが減少しやすく、予防や対策として栄養素を補うことが話題を集めています。大豆イソフラボンを摂取するだけではなく、DHAやEPAには必須脂肪酸が豊富に含有されているため、記憶力などの低下を抑制したり、集中力を高める効果などが期待されています。